Site logo
RYUJU'S CAFE
脚本家・龍樹のオフィシャルHP
© 2012 RYUJU All right reserved.

政局という徒労 | How long can Kan remain prime minister?

How long can Kan remain prime minister? - Asahi.com (Jun 5, 2011)

 物語が生まれるベースの感情の一つに「怒り」がある。「怒り」はとてもネガティブな感情だが、既存の価値を転換するモチベーションを生んだり、固定された体系を打ち破るエネルギーを生んだりする。
 しかし、現政府の政局を巡るニュースには「怒り」を通り越して、「徒労」しか感じない。「徒労」という感情は、ある種の空しさから生まれる。数年の間、いったい何人の首相が任期半ばを前に交代しただろうか。外部からの視点、集団の外側から見たら、この動きがどんなに異様な光景に映るか。この騒動の渦中にあるかれらはそういった検証機能を失っているように思える。時間と資源、コストは有限なので、あきらかな最優先事項のことを考えて欲しい。復興関連法案を速やかに通すこと、ひとつでも多くの仮設住宅を設置すること、真夏までに衛生状況の改善を図ること(打ち上げられた魚など、現地は兎に角悪臭が酷い)、基本的なライフラインの回復。「危機からの復興」などと抽象的なメッセージを発するのではなく、そういった当たり前のことを、速やかに行なって欲しい。